×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インプラント治療という言葉

★⇒インプラントに関する事なら楽天で・・・コチラです。★

インプラント治療という言葉を聞いた事はあるでしょうか?インプラント治療というのは、インプラントと呼ばれる人工的な歯の根を顎に埋めて、その上にさし歯のように義歯を入れ込む治療方法です。インプラントは、人工歯を取り外して洗ったりする必要もなく、見た目もとても自然です。入れ歯の場合だと、口の中の異物感があるが、インプラントは普通の歯と変わらないので苦しさや違和感を感じることもなく、自然にものを食べることができます。インプラントがあごの骨に力を加えるために、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。インプラントが歯槽骨と結合する期間だけでも上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月と、他の治療と比べると長期の治療期間が必要になります。インプラントの治療費は、口内の状態や補助手術の有無、手術システム、インプラントの種類、医療機関によって異なりますが、おおよそ1歯につき15〜50万円です。歯科医の中には治療後1年間の定期検診が無料で受けられたり、10年間の保証期間を設けていたりと、アフターケアに力を入れている歯科医であれば長く付き合っていくのに最適です。

美容・健康情報
▼▼コチラ▼▼

インプラントは最近の治療法?

インプラントというと、最近の治療法のようなイメージがありますが、実はすでに30年以上の臨床実績があります。インプラント治療の場合、あごに人工の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に人工の歯を入れるので、ほかの治療法と比べると義歯がしっかりと顎に植わっているという違いがあります。外科的な手術は必要になりますが、取り外しも不要で見た目や使用も大変自然です。入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだりして外れてしまった場合に誤飲したり、のどにつかえたりすることがありますが、インプラントはそのような事故がおこることはありません。噛む力はインプラントを伝わって骨が負担するため、残りの歯に負担がかかり過ぎることがありません。ただインプラント治療は歯肉を開いて骨を削る手術ですので、腫れや出血もありますし、またインプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。インプラント治療を受ける歯科医選びで重要なポイントとして、インプラント後は定期的な検診が必要になりますので、通いやすさも考えましょう。

美容・健康情報
▼▼コチラ▼▼

様々なシステムがあるインプラント

インプラントは様々なシステムがあり、それに基づく理論や特性、治療法、安全性はそれぞれ異なります。歯を失ってしまった場合に現在考えられる選択肢には、部分入れ歯を入れる、ブリッジをかける、そしてインプラントといくつかの選択肢があります。インプラントの人工歯は、とても自然な仕上がりなので、天然の歯と区別がつかないほどですから、見た目も気にする必要がありません。入れ歯の噛む力は天然歯の20分の1程度といわれていますが、インプラントで噛む力は天然歯と変わらず、硬いものも気にせずに噛む事ができます。インプラントは従来の入れ歯やブリッジと違って、食べかすが付きにくいため、周りの歯が虫歯になりにくいと言われます。また、人工歯根の周囲が細菌感染をしても、痛覚がないため、炎症や痛みに気づかずに放置してしまうケースもあります。通常、インプラントと骨が結合するまでの安静期間として3ヶ月は必要とされています。その後も型を取ったり、仮歯を使用したりと時間がかかります。インプラントの治療費は、医院や地域によっても若干の差がありますので、直接医院へ問い合わせをするか、ホームページなどで確認して見るのが良いでしょう。

★⇒インプラントに関する事なら楽天で・・・コチラです。★

健康情報
▼▼コチラ▼▼


スポンサード リンク

Copyright © 2009 インプラント治療とは何でしょう?

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


結婚